システム雑記/VPN

自分ではわかっているつもりでも人に聞かれると説明が難しい。
そんなことを最近感じます。
後輩からいろいろと聞かれると私自身の勉強にもなって本当にありがたいです。

今回は『VPN』について書いてみます。

VPNはVirtual Private Network、日本語にすると仮想専用線となります。
ネットワークにつながっているPCであれば、
インターネットを通じて、相手側のPCにアクセスできます。
ただ不特定多数の情報が行きかうインターネットでは、
何でもかんでも通信を許すのはよろしくない場合があります。

それを解決する一つの手段が、VPNです。



VPNはつなぎたいネットワークにトンネルを通すイメージです。
(教えていただいた方ありがとうございます)
専用の回線を引かなければ本来は出来ないのですが、これが本当に高価。
そこでインターネットの回線にトンネルを通してしまい、
安価でかつ外の人からは何が通っているか全く見えない状態にしてしまう。
これがVPNとなります。

仮想専用となっているのは、本来は誰でも通るはずの道に
トンネルを作ることで仮想的に専用の回線として使用するためです。

一から道を作るとお金も時間もかかるけど、
今ある道を利用してコストも時間も削減できるというわけですね。

人に言語化して伝えることができるよう勉強怠ってはいけませんね。

コメント

このブログの人気の投稿

【ブログ名】

よろしくお願いします

【名称を決める時】