【基礎トレーニング】

ご覧いただきありがとうございます。
MAP経営システム開発グループの森脇です。

ブログ投稿4日目になりました。
なんとか3日坊主と呼ばれる段階は超えました。
今後ともよろしくお願いいたします。

今朝朝礼のスピーチで「黒人はなぜ足が速いか」について、お話をいただきました。
ご本人はあまり興味ないことだと思いますが、と前置きしていましたが、私はかなり興味ありました。

私自身、中学校時代は陸上部、短距離走を専門にしていたので、
今でも短い距離を速く走ることには関心が高いのです。

そんな私の中学時代ですが、陸上部には二人の顧問の方がいらっしゃいました。
お二人とも全国大会に出たことがあるほど有名な方で、
なぜ公立の中学校に二人も揃ったのかと思ったほどです。

そんな方々だったのでその教えや言葉は今の私にも影響を与えています。

その顧問の方がお話してた中で印象に残っているのが、
走る練習は一日三本。あとは筋トレだけする」という言葉です。

実際の練習はそんなことはなかったのですが、込められた意味が考えさせられました。

ご本人が言うには、
試合で走るのは最大三回だから、三回全力で走れるかだけ確認すればいい。あとは基礎となる土台を鍛える。
ということだそうです。

当時はそんなに気にも留めていなかったのですが、今では少しわかってきた気がしています。

例えフォームが綺麗でも維持できなければ意味がないし、
走るのに一番必要な部分だけではなく、一見関係なさそうな部分を鍛える方が、
相乗効果があって結果的に速く走れたりします

そういうのもあったからなのか、陸上部なのに時々水泳やらバスケの練習日がありました。

また足を速く動かすのは腕の振りを意識するなど、
体同士の相乗効果は身をもって実感させていただきました。

少し違うかもしれませんが、スティーブ・ジョブズが語った
点と点をつなげる」というのと重なる部分あるのではと思います。

土台となる基礎の大事さと、一見関係ないことが近道になることもあるということを
この時に学んだ気がします。
思い出すきっかけをいただいた方には感謝です。
肝に銘じ、また頑張っていきたいと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

よろしくお願いします

【ブログ名】

【名称を決める時】