欲求と環境

所属の欲求や承認の欲求を測定する欲求サーベイの話を書いてみようと思います。

まずは自分の診断結果について。
欲求度は「貢献」「学習・成長」が一番高く「好奇心」が一番低い、
注力度(エネルギーを費やしている度合い)は「貢献」が一番高く「所属」が一番低い、
現実度(欲求が満たされている度合い)は「貢献」が一番高く「ユーモア」が一番低い。

高いところは貢献ばっかりですね...。
あまり意識したことはありませんが。

今日改めて結果を見てありがたいなと思ったのが、
欲求に対して現実度の方が高い項目が15項目中12項目あること、
つまり欲求が満たされている割合が高いことです。

項目の中に「愛」や「所属」の欲求というのがありますが、
これらの項目は周りの方々がいらっしゃらなければ、満たせないものです。
「貢献」も然りです。
「自分らしさ」も満たしていてありがたい限りです。

こんな環境があることが当たり前だとは思いません。
感謝の気持ちを忘れず、自分らしさも発揮しながら、
これからも頑張っていきたいと思います。

今日のところはそんな感じです。




コメント

このブログの人気の投稿

【ブログ名】

よろしくお願いします

【名称を決める時】