成功と自信/失敗と成長

ご覧いただきありがとうございます。
MAP経営システム開発グループの森脇です。

このブログも3週間目に突入しました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

今回は表題の通り、『成功と自信/失敗と成長』というテーマで書いきます。

発端はこんな記事を読んだところから。
モチベーションは成功体験によって、テクニックは失敗体験によって育つ。
内容については書きませんが、勉強になるなあと思って拝見していました。

で、私自身の経験などと照らし合わせて、
自信は成功体験によって、成長は失敗体験によって得られる
と言い換えられるかなと私は思ってます。
(誰かがすでに言っているかもしれませんが、その場合無意識に刷り込まれているのでしょう)


ここからが本題。
成功で自信を得るということは、失敗すると自信を失うことがあります。
失敗した時に成長を感じることが出来ればいいですが、
主観的に成長を感じず自信を失うだけとなった場合どうすればいいかなと。

最近自分がそういう状況になったので考えてみました。
主観的にというのが肝だと思っていて、周りから見て成長していても、
本人が感じることがなければ、本人には苦痛かなと。

失敗は行動の結果(怠慢とは別)ですから、
行動したという成果そのものにフォーカスすることは出来ます。
でも当事者としてどう思うかは別の話。

行動に失敗はつきものなので、失敗を恐れるなとは言えませんし。

成長してると気づく(周りが気づかせてあげる)のがいいのか、
過去の成功による自信の積み重ねを使って自信を保つのがいいのか、
はたまた行動したという成果にフォーカスすべきなのか。

何かいい方法ありましたらどなたか教えてください。

しばらくは上の3つを組み合わせながら検証していきたいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。



コメント

このブログの人気の投稿

【ブログ名】

よろしくお願いします

【名称を決める時】